ベンチャー企業に就職したいならアピール上手になろう

  1. ホーム
  2. 他社から誘いを受ける人材

他社から誘いを受ける人材

ヘッドハンティング

他社に引き抜かれる人とは

転職することが、一般的になってきていますが、新しい会社に移るきっかけとして、ヘッドハンティングされたケースも出てきています。ヘッドハンティングとは、企業が求める人材を、人材紹介会社がいろんな形でサーチを行い、マッチする人材に対して、スカウトする方法です。ヘッドハンティングされることで、今まで勤めていた企業よりも、はるかに高収入でよりよい待遇の元、働くことが可能になるのです。このヘッドハンティングを受けるためには、やはりいくつかポイントが存在するのですが、その一つに外部に自身の存在を知らせることが、多いということがあります。例えば営業であれば、外回りでいろんな企業などに訪問しますし、付き合いからパーティーなどにも出席する事も多いはずです。また複数の企業の担当と、一緒になって仕事をしていくような、エンジニアの方々も、外部の目に触れやすいということでは、同じことになります。こういった方々が、自身のポテンシャルを外部にアピールすることで、自社に来てくれれば、その会社の強化につながると判断された方が、ヘッドハンティングされるのです。もちろん仕事に対する考え方や責任感なども、評価されるポイントになり、自社の環境にすぐに溶け込めるという判断が付くことも、その条件になります。こういった実力だけではなく、内面的な要素も含めて、人材紹介会社が人材を発掘し、企業に紹介して、はじめてヘッドハンティングが成立するのです。